• HOME
  • ブログ
  • 未分類
  • みんな知っている!?幼稚園教諭が教える!!保育士と幼稚園教諭の違いについて♪

みんな知っている!?幼稚園教諭が教える!!保育士と幼稚園教諭の違いについて♪


         この記事の目次

①幼稚園教諭とは?

②保育士とは?

③それぞれ魅力がある!


「子どもが大好き!」「子どもと関わる仕事に就きたい!!」そんな思いで幼稚園教諭や保育士を目指している人はたくさんいると思います。
「2つの職業は何が違うの?」「どんなことしているの?」2つの職業の違いをご紹介します!!

  • まずは子どもたちにどれぐらい人気かをご紹介します。2020年4月、第一生命保険株式会社が「大人になったらなりたいものベスト10」を発表しました。
  • <小学生・女子>
  • 1位・食べ物屋さん
  • 2位・保育園・幼稚園の先生
  • 3位・看護師
  • 4位・医者
  • 5位・飼育係・ペット屋さん・調教師
  • 6位・学校の先生
  • 7位・美容師
  • 8位・デザイナー
  • 9位・歌手・タレント・芸人
  • 10位・薬剤師                                              
  • (2019年には3位に保育士、8位に教員が入っていました。)たくさんの職業がある中で必ずランク内に入るぐらい大人気の保育園・幼稚園の先生!

☆幼稚園教諭とは

幼稚園教諭として働くためには「幼稚園教諭免許」が必要です。幼稚園教諭免許は2種類あります。1つは大学でとれる「幼稚園一種免許状」 。2つ目は短大で取れる「幼稚園教諭二種免許状」です。(一種免許は園長職につけます。二種免許は保育園での実務経験を3年以上積み、幼稚園教員資格認定試験を受験し合格することで得ることもできます。)                                                  ( ※幼稚園教諭免許は10年間有効。有効期間2年2ヵ月前から2ヵ月前までに免許更新講習を受講する必要があります。)

幼稚園は就学前の3歳児から6歳児までの教育をする施設です。年齢や発達に合わせて心身の発達を助長し教育的指導を行います。(管轄は文部科学省で、施設区分は教育施設です。一つの「学校」という見方をしてるので、「教諭」となります。) 

☆保育士とは

保育士として働くためには「保育士資格」が必要です。(保育士資格は国家資有効期限はありません。)

保育園は0歳~6歳児までの「保育に欠ける乳幼児」の保育をする場所です。保育に欠ける乳児・幼児を保育し基本の生活習慣を養います。(保育に欠けるとは両親が働いているなどして育児や保育ができないということを指します。)(管轄は厚生労働省、施設区分は児童福祉施設です。)

☆それぞれの魅力!

幼稚園は基本的には毎日同じ時間に出勤し退勤します。幼稚園の子どもの標準在園時間は4時間になります。子どもたちが帰った後に次の日の保育の準備をしています。一人担任で大変だけれども子どもたちと密に接することができます!夏休みや冬休みなどの長期休みもあり!!

保育園は基本的にはシフト制。子どもたちがお昼寝をしている間に連絡帳を書いたりしています。乳幼児クラスは複数担任で行います。園によっては土曜日保育をしているところもありますが、その分平日でお休みをもらえます。保育園の子どもの標準在園時間は8時間と長いですがその分子どもたちたくさん触れ合うことができます。また、未満児もいるので子どもの成長を長く見届けることができます。

それぞれ似ているようですが少し違うのか理解していただけましたか?まだまだ違いはあるけれど簡単に説明しました。どっちが良いかは園見学をしたり、ボランティアをしに行って現場を見てみるのが一番ですよ☆素敵な保育園・幼稚園の先生が増えますように~~☆

関連記事一覧